主な仕事の内容と目標とは?

Web開発の主な仕事内容としては、Webサイトの作成やWebシステムの構築が挙げられます。Webサイトの作成では、企業や個人事業主といったクライアントのサイト作成を請け負い、認知度向上やイメージアップ、効率性の向上を図り、売上伸長に貢献することが目標です。そのために、ディレクターやエンジニア、デザイナー、プログラマー等の人材が協力しながら、クライアントからのニーズを聞き出し、仕様書としてまとめあげ、実際のWebサイトとして結実させ納品することが主な任務となります。

Webサイトの作成に関わる専門知識に加え、コミュニケーション能力やスケジュール管理、常に新たなものを生み出そうとする創造性などが求められる仕事です。またWebシステムの構築では、社内システムや社外に公開するサイトなどに使われるシステムが効率的・安定的に動作することを目標にして、システム内容の開発やメンテナンスが行われています。

Webサイトの場合はクライアント側の要望やイメージが固まっている場合がありますが、システム構築の場合はクライアントに知識がないことも多いため、システムの構想や設計に長い時間をかけることが特徴です。クライアントの現状をふまえ、改善すべき点を洗い出し、予算やスケジュールを調整しながらシステム開発を進めていくことが求められます。

このようにWeb開発では、WebサイトとWebシステムとで若干の目標の違いはありますが、Webを通してクライアントの事業活動や売上アップに貢献しようとする点は共通していると言えるのではないでしょうか。